2014年脱法ハーブを規制!通販で購入も所持も使用も逮捕の対象に

habu00

脱法ハーブ使用で逮捕されないの知っていました?

 

しかし、それは2014年3月までです。

 

脱法ハーブは本当に恐ろしい薬物です。

 

絶対に使用するのはやめましょう。

 

2014年4月から使用、所持も逮捕の対象になっています。


スポンサードリンク



脱法ハーブってなに??

habu03

最近ニュースでよく聞きますよね?

 

 

幻覚や興奮作用があるが、覚せい剤などのように所持や、使用が禁止されていないんです。

 

 

大麻の成分であるテトラヒドロカンナビノールの効果に似た、合成カンナビノイドを含んだハーブのことです。

 

脱法ハーブを吸引すると、お酒を飲んだ時みたいな気分になるそうです。

 

 

脱法ハーブを吸引して車を運転して事故を起こしたり、トラブルを起こしたりなどの問題が起こっています。

 

 

使用じゃ逮捕されない??

habu04

そうなんです。

 

しかし、それは2014年3月までの話なんです。

 

 

改正薬事法が施行され、2014年4月からは所持も使用も逮捕されるようになります。

 

 

2014年3月までは販売者と製造者が逮捕されていました。

 

おかしな話ですよね?

 

使用しても逮捕されなかったなんて。

 

 

脱法ハーブの事故とは??

habu02

最近では2014年2月に福岡県の中心の天神で高級外車が暴走していました。

 

 

ドライバーは事故前に脱法ハーブを吸引していたそうなんです。

 

スポンサードリンク



 

少なくとも11台の車が巻き込まれ、15人の人がケガをしました。

 

幸いですが死者は0人でした。

 

 

このドライバーは実は逮捕されていないんです。

 

2014年2月には使用では逮捕されないんですから。

 

 

しかし、危険運転致死傷罪で立件されるそうです。

 

 

どこで購入できていたのか??

 

インターネットやハーブ店で購入することができていたそうなんですが、今はほとんどがインターネットでの取引だそうです。

 

 

ハーブ店での販売より、インターネットでの販売の方が、販売者は警察の捜査から逃れやすいからです。

 

 

中には、巻きたばこ用のものとして販売されているものもありました。

 

大阪では巻きたばこ用の紙も販売停止にしています。

 

安易に購入するのは絶対にやめましょう。

 

 

なぜここまで拡大したのか??

 

ここが1番問題なところです。

 

 

脱法ハーブは「指定薬物」に指定されていました。

 

 

しかし、国が指定する度に成分をほんの少し変えてまた販売されていました。

 

いたちごっこのようなものです。

 

 

例えて言うなら、クリームパンをカスタードクリームパンやチョコクリームパン、生クリームパンとして販売するんです。

 

 

これでは、脱法ハーブは増え続けるばかりなんです。

 

 

これからの罰則は??

 

購入、譲り受け使用することがこれからは新たに禁止されます。

 

もし、これに違反すると3年以下の懲役や300万円以下の罰金が科せられます。

 

しかし、初犯の場合は刑が軽いと思われます。

 

更生の見込みがあると考えられるのでしょうか?

 

 

1度使用した人は2度、3度と手を伸ばすでしょう。

 

 

もし、吸引して車に乗った場合は走る凶器と化すでしょう。

 

もう少し厳しい罰則が必要と思います。

 

 

もし使用者と遭遇したら??

 

とても危険ですので非難しましょう。

 

 

脱法ハーブを吸引した場合は幻覚作用や興奮状態にあります。

 

 

幻覚であなたのことを殺してしまうかもしれません。

 

とても恐ろしい状況ですので、110番通報も行いましょう。

 

助けを求めたりするなど、自分の身の安全を確保しましょう。

 

 

 

国は新しく出回る脱法ハーブを分析して先回りして規制をかけていく必要がありますね。

 

 

絶対に安易な気持ちで脱法ハーブを使用するのは絶対にやめましょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す