花粉症の治療には薬?症状が発症する前に早めの時期から対策を!

kahun00

毎年2月頃から花粉に悩まされる人が出てきますね。

 

私も花粉症なんですが、本当に辛いですよね。

 

 

対策をすれば収まるって知っていました?

 

 

簡単な花粉症対策で今年は花粉に悩まされない年にしましょ。

 

マスクはみんなしていますので、もう対策に入れませーん。


スポンサードリンク



 

なんで花粉症になるのか??

 

まず、これから勉強するとしましょう。

 

花粉症のほとんどの人が知っていることですが一応ね。笑

 

 

花粉症はアレルギーです。

 

 

アレルギーにはたくさんの種類がありますが、死に至るほどのアレルギーではありませんね。

 

 

スギやイネ、ヒノキの花粉が目や鼻などの粘膜に付着して様々な症状が出てきます。

 

目がかゆくなったり、鼻水やくしゃみが止まらなくなります。

 

1年中花粉症に悩まされる人もいますので、ならないことが1番ですね。

 

花粉症の人は早めに花粉症対策をしていきましょう。

 

 

 

薬で花粉症対策

 

花粉症に直接効く薬はありませんが、花粉症の症状を和らげる薬はあります。

 

 

  • 抗ヒスタミン薬
  • 抗ロイコトリエン薬

などです。

 

抗ヒスタミン薬も抗ロイコトリエン薬も、花粉症の症状を和らげてくれます。

 

くしゃみがおさまり、鼻水も止まります。

 

眠くなる副作用がありますので運転前とかは控えなければいけませんね。

 

 

 

食事で花粉症対策

 

バランスの良い食事が大事なんです。

 

 

腸内環境を整え、悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすことによって花粉症になりにくい体になります。

 

 

腸内環境を改善するには発酵食品が重要です。

 

納豆や、味噌、ヨーグルトで善玉菌を増やしましょう。

 

日本食中心の食生活をおすすめします。

 

 

 

花粉を持ち帰らない

 

花粉が飛散している時期は、自然と洋服にも花粉が付着しています。

 

これを家の中に持ち帰ると、家の中でもくしゃみや鼻水が止まりません。

 

玄関先でコートを脱いではたくだけで花粉は落ちますので必ずおこないましょう。

 

 

また、手荒いうがいも重要です。

 

口の中や手などにも花粉は付着していますので、洗い流しましょう。

 

実は髪の毛にも花粉は付着していますので、帰宅後すぐに入浴することをおすすめします。

 

スポンサードリンク



 

洗濯物は基本部屋干し

 

花粉は洗濯物にも付着します。

 

花粉が多く飛散している時期はなるべく部屋干しをおすすめします。

 

洗濯物に花粉が付着して、家の中が花粉だらけになってしまいます。

 

家の中にも花粉があると地獄ですよ。笑

 

 

 

掃除機は使わない

 

え?って思った人もいるでしょう。

 

花粉は空気より重いので床に落ちます。

 

 

掃除機のスイッチを入れると排気で花粉が舞い上がってしまいます。

 

 

更に体は敏感になっています。

 

少しのほこりでもくしゃみや鼻水が出てきます。

 

クイックルワイパーをゆっくりおこないましょう。

 

一緒に空気清浄機を使って、部屋の花粉をゼロにしましょう。

 

 

これで今年は花粉に悩まされる心配はないでしょう。

 

早めの対策で花粉に打ち勝ちましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す