子供の皮膚のかゆみは予防が重要!あせもはとびひに注意!

hihu00

 

子供の肌トラブルに悩まされていませんか?

 

肌トラブルと言っても多種多様です。

 

特に夏の時期は悩まされますね。

 

今回は見分け方と対処法について紹介します。


スポンサードリンク



 

肌トラブルの症状は??

 

子供は自分の肌トラブルのことはあまり分かっていません。

 

特に赤ちゃんは話すこともできないので、親が見つけてあげなければなりません。

 

 

ぶつぶつや、じゅくじゅく、ぽつぽつなど様々な状態が見られます。

 

 

痒かったり、何も感じなかったり、中には痛みがあったりとこれも様々です。

 

 

産まれてから子供には肌トラブルはつきものなんです。

 

ほとんどの場合、清潔にしておくことで防げます。

 

では、どんな肌トラブルがあるか紹介していきます。

 

スポンサードリンク



 

夏は特にあせもに注意!

hihu02

首の回りや、背中、お股、、お尻、脇の下や膝の裏などに赤い小さなぶつぶつができます。

 

この部分は体の中でも特に汗をかきやすい部分です。

 

 

この部分にぶつぶつができるとあせもの可能性が高いです。

 

 

あせもは痒いです。

 

子供はあせもの部分を掻いてしまい、とびひになってしまいます。

 

とびひも痒いので、子供はまた掻いてしまい全身にとびひができてしまうパターンも珍しくありません。

 

 

このようにならない為にも、予防とケアが重要です。

 

子供が汗をかいたらガーゼやハンカチ、タオルで拭いてあげましょう。

 

この時、軽く押さえるように優しく拭いてあげるのが重要です。

 

汗をかいてしまって、もう皮膚が傷つきやすい状態になっているかもしれません。

 

 

1番はお風呂やシャワーで体をきれいにすることです。

 

 

ここで、注意が必要になります。

 

きちんと石けんや、ボディーシャンプーを洗い流さないと、あせもを悪化させてしまいます。

 

石けんなどで洗うのを痛くて嫌がったら、シャワーで流すだけでも大丈夫です。

 

洋服は通気性が良くて、汗を吸いやすいものを選びましょう。

 

肌着は汗をかいたら新しいものを着せましょう。

 

 

エアコンを効率よく使って過度の発汗を抑えることもいいでしょう。

 

 

おむつかぶれはカンジダ皮膚炎を疑う!

hihu03

夏はおむつかぶれがすぐにおきちゃいます。

 

昨日は大丈夫なのに今日は赤くなっているなんてこともしばしばです。

 

 

これがただ単におむつかぶれだったらいいんですが、カンジダ皮膚炎の可能性もあります。

 

症状はおむつかぶれのように赤くなって、ひどい所ではじゅくじゅくした発疹が出ます。

 

 

お尻やお股だけではなく、首の回りにも発症したりします。

 

これにもやっぱり清潔にすることが重要です。

 

 

おむつかぶれはステロイドの軟膏で治癒できますが、カンジダ皮膚炎では抗真菌剤で対処します。

 

 

おむつかぶれがなかなか治らない場合はカンジダ皮膚炎の可能性が高いです。

 

 

お尻やお股を清潔に保って、きちんと乾燥をさせることが重要です。

 

 

最近のおむつは10時間吸収なんて言っていますが、10時間後には子供のお股やお尻は真っ赤かですよ。

 

こまめにおむつは交換しましょうね。

 

 

1番怖いじんましんには要注意!

hihu04

じんましんは、急に赤いぶつぶつが体全体に広がります。

 

 

ぶつぶつは、まばらにできます。

 

もちろんですが痒いです。

 

しかし、数時間後には症状は治まっている場合がほとんどです。

 

 

じんましんの主な原因は食べ物と言われてます。

 

 

しかし、子供は疲れている時や、体調不良の時にもこのような症状が出る時があります。

 

全く原因不明なんてこともあります。

 

 

体が温まると更に痒くなります。

 

 

対処法としては、安静にして発疹部分を冷やしてあげるのが効果的です。

 

 

もし、呼吸困難などの症状が現れた時にはすぐに119番通報して救急車を要請しましょう。

 

これがじんましんの恐ろしい理由なんです。

 

 

なにを食べてじんましんがでたかチェックしておきましょう。

 

アレルギー検査をして、予防することも重要です。

 

 

 

子供は産まれた時から肌トラブルと付き合っていかなければなりません。

 

親がしっかりと毎日の体の変化に気づき、きちんと対応してあげなければなりません。

 

 

全身とびひになったら変わってあげたいと思うぐらい本当にかわいそうです。

 

そうならない為にも、紹介した予防と対策をしておくことが重要です。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す