ベランダより室内で?初心者はおしゃれにリビングガーデニングを!

riving00

広いお庭でガーデニングって憧れますよね?

 

でも、都心やマンションに住んでいる人はちょっと厳しいですね。

 

しかし、室内でできるガーデニングが流行っています。

 

今回は今流行りのリビングガーデニングを紹介したいと思います。


スポンサードリンク



リビングガーデニングって??

riving01

そもそもリビングガーデニングって知っています?

 

ガーデニングなら知っていますよね?

 

文字どおりに、リビングでするガーデニングです。笑

 

説明になっていないかな。笑

 

 

小さな容器に種や苗を入れて収穫してお料理に使います。

 

中には土を使わず、水と容器だけで育てるものもあります。

 

 

本当に手軽にできますのでぜひおすすめです。

 

 

ここからは色々な種類のリビングガーデニングを紹介します。

 

 

葉野菜

 

ガーデニング初心者の人でも手軽に育てられます。

 

しかも、短期間で収穫できちゃいます。

 

 

サラダホウレン草

riving03

葉っぱが柔らかくてそのままサラダの具材になります。

 

葉っぱだけ取って芯だけ残しておくと、3週間ぐらいでまた葉っぱが伸びてきて収穫できちゃいます。

 

 

根菜

 

大根を収穫してすぐ食べたことあります?

 

とてもみずみずしくてとても美味しいんですよ!

 

小ぶりなラディッシュは一口でいけちゃいますよ。

 

スポンサードリンク



ラディッシュ

riving04

こちらもサラダホウレン草と同様に3週間ほどで収穫できちゃいます。

 

彩りもいいので、サラダホウレン草と一緒にサラダの具材にしちゃいましょう。

 

 

根菜・葉野菜の育て方

 

  • サラダホウレン草や根菜類を育てる時は根が伸びるので深めの容器を用意しましょう。
  • 土は市販の有機培養土を用意しましょう。
  • 発芽するまでは日陰に置き、1週間ほどで発芽します。
  • 本葉が出たら、生育の悪い葉を間引きましょう。
  • サラダホウレン草は本葉が3cmに、ラディッシュは土が盛り上がってきたら収穫です。

 

 

スプラウト

 

今大注目の野菜です。

 

栄養をたっぷり含む発芽野菜です。

 

特別な道具はなにもいりません。

 

なんと1週間ほどで収穫できちゃいます。

 

 

豆苗・ブロッコリースプラウト

riving02

高い抗酸化作用と解毒作用や新陳代謝を促します。

 

食物繊維もビタミン、ミネラルも豊富な野菜です。

 

料理の彩りや、スープ、炒め物にもなんにでも使えちゃいます。

 

 

スプラウトの育て方

  • 市販の豆苗やブロッコリースプラウトを購入して、根元を3cmほど残します。
  • 日のあたるところに置くと、すくすくと新しい芽が伸びてきます。
  • 土はいりませんよ!水だけで大丈夫です。

 

 

ハーブ

 

イタリアンやフレンチのアクセントに少しずつ使いたいですね。

 

苗で売ってありますので育て方もすごく簡単です。

 

ハーブは香りも楽しめますね。

 

 

ローズマリー

riving05

肉や魚のいやな臭みをとってくれる優れものです。

 

ローズマリーは1年を通して収穫できます。

 

しかも、収穫した枝を押木してまた収穫することもできます。

 

 

ミント

riving06

デザートにミントを飾るだけで見た目が豪華になりますね。

 

少量を紅茶に入れるとハーブティーとしても楽しめます。

 

なんと言っても香りがいいミントは、葉っぱをこするだけで部屋中がミントの香りに包まれます。

 

 

ハーブ類の育て方

 

  • 苗で買ってきて、少し大き目の鉢に植え替えます。
  • 根元を全部土で覆わないように注意しましょう。
  • 収穫して、乾燥させればドライハーブとしても楽しめます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

これなら簡単にリビングガーデニングができるでしょ?

 

 

好きな時に必要な量を収穫して料理に使って、節約&ガーデニングライフを楽しみましょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す